共存・共生へむかうサロンだけが生き残る7つの理由

「共存・共生へ向かうサロンだけが生き残る7つの理由」

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Ughrbo

第一回目:おもてなさないからこそ、サロンは選ばれる
第二回目:割引しないからこそ、サロンは選ばれる
第三回目:パソコンができないと生き残れないのウソ
第四回目:90%のサロンがしていない、簡単な絆づくり
第五回目:集客できない理由を知れば、集客には悩まない
第六回目:「集客活動」をせずに、「集客」できるようになった理由
第七回目:競合・競争と、共存・共生の、行く末

こんにちは^^新垣葉子です。

2013年から2年間、セミナー、講座、ランチ会、個別にお誘いをいただくなど、多くのサロンオーナー様とお会いする機会をいただいてまいりました。

また、ありがたいことに、メール講座「リピート率9割の愛されサロンオーナーになる7つの方法」は、のべ2000名様以上がお読みくださり、たくさんのメッセージをいただきました。

その交流の中で、とてもショックな、1つの事実を知りました。

それは、お客様に、キレイに、癒し、体質改善、サイズダウン、ラクになっていただきたい。という、あたたかく強い想いで、サロンをオープンしたにも関わらず、技術やサロンを、発揮できないかたの多さです。

その原因のほとんどは、「集客」です。

そして、「集客」情報を集めたり、商材やセミナーに経費をかけてこられたかた。

また、「サロン」とひとことで言っても、ご提供内容によって、お客様へお伝えする方法は異なるということに、気づかないかた。

さらには、

サロン経営をしたことのないかたからのアドバイスで、混乱して、貴重な時間をムダにしているかた。

そう言う私自身も、お客様が増えず、悩み苦しみましたので、お気持ちはよくわかります。

ですが、畑違いの努力を、迷いながらも続けているかたの多さに、同業として、悔しさや憤りが募ってきました。

業種が違えば、手法も、大切にするべきことも、全く違うのに。。

施術をご提供するサロンでは、私たち施術者も、お代をいただく「施術」の一部です。

どの位本気の「お客様目線」を具現化しているか。

お客様のためならば、他のサロンをご紹介する心をも、大切にしているか。

その想いと実行の比例度合いが、「集客」という悩みから解放される、唯一の方法です。

今回のメール講座では、その為にするべきことを、順序立ててまとめてみました。考え方の土台は、「共存と共生」です。

きっと、「いや、そうは言っても、最終的には、自分の店に有利と思えることを選択するべきだ」という考え方もあると思います。

そしてそれは、ある側面から見たら、当然正しいです。

だから、そういう考え方のかたには、このメール講座は、おすすめしません。

実は、

あまり多くのかたには、お読みいただきたくない、というのが本音です。

ごく少数の、共感くださるかただけに、お読みいただけたら、うれしいです。

そして、同じ考えをもつサロンオーナー様方と、共に学び、共に成長していけたらうれしいです。

【ご登録方法】

※はじめに、info@miraisalon.com のアドレスを受信できるよう
受信設定のご確認をお願いいたします。「メールが届きません」というお声への返信も、ご質問やご感想への返信も、すべて戻ってきてしまい、お届けすることができません。


※お名前は、漢字でお書き下さい。
私の失敗や遠回りから、やっとみつけた方法を、一生懸命書いています。
お名前と判断できない場合や、共存共生の考えに反すると感じた場合、
その他の理由により、
予告なく削除させていただく場合がございますので、ご了承ください。

※ご登録直後すぐに、ごあいさつメールが届きます。
とどかない場合は、設定のご確認をお願いいたします。

※携帯電話や、YahooやGmail、Hotmailなどのフリーメールは
登録できないない、あるいは迷惑メールフォルダに入りやすいようです
(もし届かない場合は、迷惑メールフォルダーをご確認くださいませ)。


※メールを個別で再送してほしいというご要望には、お応えいたしかねます。
他のメールアドレスからご登録いただくなど、ご了承のほど、お願い申し上げます。

※このメール講座はメールなので、もちろん無料です。いつでも解除もできます。

それでは、ご興味のあるかただけ、こちらからご登録くださったら、うれしいです^^

「共存・共生へ向かうサロンだけが生き残る7つの理由」

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Ughrbo

第一回目:おもてなさないからこそ、サロンは選ばれる
第二回目:割引しないからこそ、サロンは選ばれる
第三回目:パソコンができないと生き残れないのウソ
第四回目:90%のサロンがしていない、簡単な絆づくり
第五回目:集客できない理由を知れば、集客には悩まない
第六回目:「集客活動」をせずに、「集客」できるようになった理由
第七回目:競合・競争と、共存・共生の、行く末

141名様が無料購読くださっています。ありがとうございます^^

広告

共存・共生へむかうサロンだけが生き残る7つの理由」への4件のフィードバック

  1. 新垣葉子様
    先日は座談会で大変お世話になりました。
    サロンで本当に大切なこと、たくさん教えていただきました。
    他では絶対に教えてくれない内容だと思いました。
    もっともっと、勉強させていただきたいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中